相続に関するご相談

souzoku

相続という響きから「争続」という言葉を連想される方も多いのではないでしょうか?
第三者から見れば、なぜそんなに揉める事があるのかと不思議に思ってしまうものです。
しかし、相続問題が発生してしまうと大なり小なり揉め事が発生してくるものです。ずっと仲が良くトラブルとは無縁と思われていた兄弟でも相続問題によって絶縁になってしまった、なんていう事も珍しい事ではありません。
相続問題は故人の遺志遺思が何より重要になります。
従って故人が明確な意思のもと公正証書を作成しているのであれば大きなトラブルにはなりにくいものです。
紛争が起こる場合は大抵、故人の明確な遺言がない、もしくは公正証書を作成しておらず中途半端な遺言書になってしまっている場合が多いのです。
ケースもスケールもそれこそ千差万別で、相続に関してはご相談を受けるまでは何とも言いようがないのが現実です。
弁護士にご相談されるのも一つの案ですが、費用等をお考えになりますと、まずは弊法人までご相談なさるのも一つの案とも思います。お気軽にご相談ください。
about6

44